shop blog

アクタス・EXPOCITY店 アクタス・EXPOCITY店

< ショップ詳細に戻る

ADDRESS
〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1 ららぽーとEXPOCITY 1F
TEL
06-4864-9211
OPEN
10:00~21:00 / 不定休

Posts Tagged ‘ディフューザー’

みなさまこんにちは!

梅雨もあけ毎日暑い日が続きますが、いかが過ごしですか?

体調など崩されてないでしょうか。

私は先日風邪をひいてしまい、辛い日々を過ごしていました。

夏風邪はなかなか直りにくいので、みなさまもお気をつけて!

 

 

 

本日はおなじみ『CULTI』の新しい香りをご紹介します。

 

IMG_8173

■  CULTI (クルティ)

世界で始めて籐のスティックを使用したルームフレグランス

ブランド「CULTI」。

気品あるデザインと魅力的な香りの組合せで人気のCULTIに

新しく2種類の香りが登場しました。

 

 

●MEDITERRANEA(メディテラネア)

レモン・オレンジ・シダーウッドのブレンド。

地中海のシトラスとウッディな香り。

さっぱりとしたさわやかな香りなのでこれからの時期に

お勧めです。

 

 

●OFICUS(オフィークス)

グレープフルーツ・いちじく・サンダルウッドのブレンド。

心身のバランスを調和する香り。

オヤスミ前のリラックスタイムに!

IMG_8181

そしてこの度、100ml  のミニサイズも登場しました。

今まで一番人気の500mlと比べるとこんなにかわいらしい

サイズなんです!

いままで置くスペースでお困りの、玄関、トイレ、洗面所

にもラクラク置けちゃいますよ。

 

香りは、ARAMARA、LINFA、MAREMINRALE

THE、TESSUTOの5種類のみです。

ぜひ店頭まで体感しにいらして下さい。

 

 

みなさまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

■Today’s Green

IMG_8201

■ケラべラ

種から葉が生えたとてもユニークな植物。

お水と太陽が好きなので、直射日光の当たらない明るい場所に置き

土が乾いたらたっぷりお水をあげましょう。

成長が早くどんどん伸びるのも楽しみです。

 

 

 

 

 

ブログをご覧のみなさま

こんにちは!!

最近はだいぶ風が冷たくなり、

朝には雪が積っていたりもしますね。

 

さて今回は香りで心を癒してくれる、

アクタスオリジナルブランドのフレグランス!

”CULTI”(クルティ)のご紹介です。

1990年にイタリアで創設され、

世界で初めてウッドスティック式のルームフレグランスを開発し、

進化を続ける”香り”のブランドとして取り扱われています。

アクタスでは10種類の香りを取り扱っており、

飾っていただくお部屋やその時の気分などで、

香りを変えて楽しんで頂けます。

また、香りも10種類全てに個性がありますので、

皆さまに合った香りを見つけてお試し下さい。

 

それではここで香りの説明を簡単なクイズ形式にしてご紹介します。

まずはこちらの3つの香りです。

IMG_6210

左からARAMARA(アラマラ)、TESSUTO(テシュート)、THE(テ)です。

この3つには共通して使われている植物があります。

ご存知ですか??

 

 

正解は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

”ベルガモット”です。

 

ミカン科の植物で、主にイタリアで生産されています。

心を明るく元気に前向きな気持ちにさせてくれる効果があります。

 

一番左のARAMARA(アラマラ)は、

ベルガモット以外にビターオレンジなども入っているため、

”CULTI”の中で一番柑橘系の強い香りになります。

朝目覚めた時に香ると、シャキっと目が覚め、

一日を頑張るエネルギーになります。

 

 

 

真ん中のTESSUTO(テシュート)は、

イタリア語で布という意味で、

軽やかな布をイメージした石鹸のような香りです。

ジャスミンも入っており、リラックス効果が得られるため、

寝室に置くのが一番向いています。

女性に人気が高い香りです。

 

 

 

一番右のTHE(テ)は、

なんと煎茶が入っているため、

アールグレイの香りがして、

私たち日本人にはとても馴染み深い香りです。

和室に置くとさらに和の落ち着いた雰囲気を楽しんでいただけます。

 

 

 

 

さて続いては・・・

IMG_6208

左からLINFA(リンファ)、ACQUA(アクア)、ODE ROSAE(オデ ローザー)です。

さてこちらの3つにもある共通点があります。

 

ヒントはフローラルな~

もう正解出ちゃいましたね・・・

 

 

 

正解は”お花”の香りです。

 

どの香りももちろん特徴はありますが、

ふんわりとしたお花の香りで心を癒してくれます。

 

それではまた香りの説明に入ります。

 

一番左のLINFA(リンファ)は、

白スグリやチュベローズが入っており、

木の実の独特な香りと甘い香りで、

精神面でのストレスを和らげてくれます。

こちらも女性の方に人気でプレゼントなどにもオススメです。

 

 

 

真ん中のACQUA(アクア)は、

バニラをベースにお花の柔らかい香りをプラスしており、

ホワイトビーチの甘さ控えめな香りで、

ラグジュアリーな気分にさせてくれます。

 

 

 

一番右のODE ROSAE(オデ ローザー)は、

”CULTI”の中で一番バラの香りが強く、

カシスや金木犀、べチパーを組み合わせた

フルーティーで少しエキゾチックな香りです。

 

 

 

 

続いては・・・

IMG_6198

左からMOUNTAIN(マウンテン)、AQQUA(アクア)、ARIA(アリア)です。

 

さて最終クイズです。

この3つの共通して使われている植物は・・・

ヒントはどの香りも甘さ控えめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は”サンダルウッド(木)”です。

 

ビャクダン科の植物で、

昔から貴重な香りとして重宝されていて

ウッディーでスパイシーな深みのある香り。

 

では香りの説明です。

 

 

左のMOUNTAIN(マウンテン)は、

一番ウッディーな香りで、

森林浴をしているような気分にさせてくれます。

ショウガ科で刺激が強いカルダモンも入っているため、

体を芯の底から温めてくれるので、

今の寒い季節にピッタリです。

 

 

真ん中のAQQUA(アクア)は、

”CULTI”の創設者アレッサンドロ・アグラーティのイニシャル

”A”から名前がつきました。

ミモザのフローラルでセクシーな香りと、

爽やかさの中に甘みもしっかり香る”CULTI”を代表する香りです。

 

 

 

一番右のARIA(アリア)は、

レモン、鈴蘭の柑橘系にお花の香りをブレンド。

澄んだ空気をイメージし、

新緑の中を吹き抜ける風のような爽やかな香りです。

 

さてこれで全ての香りの紹介が終わりました。

 

いやいや・・

あと1つ残っておりました。

まだ紹介していない香りが・・・

IMG_6214

それは”MAREMINERALE(マーレミネラーレ)”です。

いけない忘れるとこでしたね。

こちらは、オーシャンブリーズを使用しており、

ビーチに差し込む真夏の日差しのようにキリっとしたまっすぐな香りを

再現しています。

イタリアにある”CULTI”のスパのメインの香りとしても使用されています。

 

今までご紹介した写真では、

スプレータイプのルームフレグランスでしたが、

主には瓶タイプのスティックディフューザーを

お部屋に飾って楽しんでいただきます。

IMG_6188

こちらの瓶はStyle(スタイル)シリーズ。

シンプルでナチュラルなデザインが特徴です。

瓶の大きさも主には3種類で、

250ml、500ml、1000mlとあります。

上の写真の”TESSUTO”(テシュート)と

”THE”(テ)の香りは4300mlという

メガボトルのご用意もございますので、

是非お店に見に来て下さい。

お部屋の広さと持続期間で大きさが

変わりますので、

詳しくはスタッフまでお訪ね下さい。

IMG_6182

こちらはDECOR(デコール)シリーズ。

モダンでゴーシャスなデザインが魅力です。

このようにインテリア雑貨として置いてもおしゃれに見えるのが、

”CULTI”最大の特徴です。

 

 

IMG_6192

このように洗面台の上に置くと一気に華やかさが増します。

また水周りなど湿度の多い場所に置くと低い場所に比べて、

しっかりと香るので、

普段お部屋に置いている時との違いが感じられます。

IMG_6212

ディフューザー以外に

火の灯りで心が癒されるキャンドルと

IMG_6215

車のエアコン部分に固定し、

車の中でも”CULTI”の香りを楽しんでいただける

カーフレグランスもあります。

 

また今回ご紹介はしていませんが、

カラーボトルも展示しておりますので

是非EXPOCITY店まで起こし下さい。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

to TOP